社長挨拶、役員及び略歴

社長挨拶

理念

著作権で人々を幸せにする
 

ごあいさつ

当社は、著作者等の権利の保護と、文化の発展を大切にしてきました。
ITによりメディアが激変する今、SNSで動画は人々の「コト」「トキ」を生み出しています。また映像アーカイブでは、多面的に歴史を体感できるようになりました。一方、フェイクニュースなど、今までにない権利リスクも広がっています。
当社は映像や著作物と皆様をつなぎ、新しい時代の扉を開くお手伝いをしながら、社会に貢献していくことを目指します
 

写真:寺田遊
2019年9月
代表取締役 寺田 遊

役員及び略歴

代表取締役  寺田 遊 てらだ ゆう  

 1971年生まれ。1990年慶應義塾大学文学部入学、93年~94年パリ第3大学(新ソルボンヌ)へ塾派遣交換留学。98年3月同大学大学院文学研究科仏文学専攻修士修了。フランス語翻訳・通訳業(フリー)を経て、2003年入社。2007~08年度、慶應大学メディアコミュニケーション研究所塾外研究員。2008年7月代表取締役社長に就任、現在に至る。

執筆担当書籍・講座等

  • 「デジタルアーカイブの資料基盤と開発技法―記録遺産学への視点―」(第5章 デジタルアーカイブの著作権処理)水嶋英治・谷口知司・逸村裕 編著,晃洋書房,2016年4月
  • 「デジタルアーカイブの構築と技法」(第9章 デジタルアーカイブの著作権処理)谷口知司編著,晃洋書房, 2014年4月 他
  • 常磐大学 2015年度JASRAC寄付講座(坂井知志教授)(2015年10月28日「権利処理の具体的方法」) 他

 
取締役   河井 三二 かわい さんじ

 NHKにて編成局・編成を中心に改定や特集編成、緊急報道などを担当。その後、NHKエンタープライズ・事業本部にて、世界遺産プロジェクト支援や高精細映像の4K導入など精力的に活動。2013年7月当社取締役に就任。
 

取締役  依田 安弘 よだ やすひろ

JASRACを経てテレビ東京にて理事、編成局著作権専門職、兼民放連著作権専門部会委員、全日本CM放送連盟著作権委員を歴任。佐久ケーブルテレビ株式会社常務取締役就任、顧問
2003年5月当社取締役、2005年7月当社監査役に就任。2012年10月。2017年5月当社取締役に就任。
 

監査役  須磨 章 すま あきら

NHKにて一貫してドキュメンタリー番組、制作に携わる。その後、NHKエンタープライズにて世界遺産事務局長として、世界遺産の番組や映像制作等に取り組む。2017年5月当社監査役に就任。
 

顧問  菅谷 実 すがや みのる

白鴎大学経営学部客員教授、慶應義塾大学名誉教授。財)電気通信政策総合研究所研究員、白鴎大学助教授、ハーバード大学客員研究員、慶應義塾大学助教授、慶應義塾大学メディアコミュニケーション研究所教授を歴任。
専門は、メディア産業論および政策論、特にメディア融合、映像コンテンツ、ユニバーサル・サービス、地域メディア。
 

会社概要

 映像等コンテンツ利用のサポート事業、コンテンツ保存・公開・活用サポート事業、コンサルティング事業をご案内します。

アクセス

 当社オフィスへのアクセスマップを掲載しています。