こんな時Q&A

アーカイブ(過去)映像の二次利用をしたいが著作権・肖像権の処理が多く煩雑 …… 処理業務をアウトソーシングできないか?

お任せください。作業は、試写 → 権利の洗い出し(文芸・楽曲等の著作権、実演等の著作隣接権、肖像権等) → 権利調査 → 貴社方針に沿って、個人や権利者団体への許諾交渉・申請業務代行 → 権利台帳納品 となります。

制作時にインターネット配信まで含めて権利を確保したいが、人手が足りない …… 経験者の出向は可能か?

はい。ご予算に応じ、A~Dまでクラス別の要員体制をご提案します。ジャンル・媒体に特化した者、海外交渉(英・独・中・韓・仏)担当もおり、チームワークで解決を目指します。

権利不明の資料をインターネット配信したいが、調査の時間が足りない ……どこまで調査・処理をすればいいのだろう?

ご検討中の資料について、権利状況を調査いたします。著作権が消滅していると思われる場合でも、著作者人格権への配慮、戦時加算や所蔵者確認が必要な場合もあります。結果報告後、貴社方針に沿って、必要な権利クリアランスを行います(遺族への連絡、文化庁長官裁定の利用など)。